写真 2015-05-10 14 28 24





















購入順
SE215→10pro→EX1000→K3003→W4R→IE800→TG334
K701→DJ1PRO→D5000→HD650→T5p→D7000→HD800→HD25→HD650→T1



togo334はCIEMのMH334のユニバーサルタイプのイヤホンです。


須山補聴器は元々プロ向けのCIEM作成を中心としていましたが、近年のイヤホンブームからユニバーサルにも積極的に参入しています。


BA型4ドライバーのモデルです。(low×1,low-middle×2,high×1)


完全受注生産ですので、通常の家電量販店では購入できません。


視聴はフジヤエービック、eイヤホンなど関東方面の専門店でのみ可能です。


購入は上記代理店を通し、手続きを踏んで購入となります。


マイナーチェンジを繰り返しており、旧型、新型、最新型3種類あります。新型はプレートが艶消しです。最新型はケーブルも変わっています。


フジヤエービックにて注文、1週間弱で到着


・デザイン
プレート部分は艶消しですが、シェルはブラック・クリア。所有欲を満たしてくれる格好良さです。


・中高音
輪郭が明瞭、バランスがとても良い。透明感はK3003に匹敵します。


・低音
タイトな低音です。量はD型に比べると当然劣りますが、全体のバランスを考えたベストな量です。


・フィット感
ダブルフランジが素晴らしいです。まったくずれません。


・遮音性
ダブルフランジを使用して外出すると危ない位の遮音性


・携帯性
シェルが大きいです。正面から見た際に耳から少しはみ出てます(EX1000よりは目立ちませんが)
ケーブルは少し硬め。タッチノイズは気にならない程度です。


TG334+iphone5sでも、不満が無い位の高音質です。


勿論ハイレゾDAPを使ってもきちんと追随してくれる位伸びしろがあります。 


私が、イヤホンで一番お勧めするのはこのTG334です。


完全受注生産だから?か、リセールバリューが物凄く高いです。


一年未満の使用頻度(新型)のオークション落札価格は106000円(新品から-5000円)です。


十分楽しんで、新品とさほど変わらない価格で売れるなんて儲けものです。


最高のイヤホンでした。




以下、手放したヘッドホン達。


写真 2012-12-03 22 48 37
写真 12-03-31 13 03 07 - コピー写真 12-06-20 18 41 14写真 12-04-05 22 38 19 - コピー (2)写真 12-07-14 21 10 54写真 12-08-14 22 19 14写真 11-10-17 22 12 56写真 2012-12-09 2 03 15写真 2013-01-09 18 29 39写真 12-04-24 19 47 12写真 2013-02-18 23 30 31写真 2013-03-04 17 15 00写真 2013-05-20 18 47 30